2018年、ルコントは50周年を迎えました。
1968年に日本ではじめてのフランス菓子専門店として
誕生したルコント。
“懐かしくて、あたらしい”お菓子づくりを、次の50年も。

アンドレ ルコントのあゆみ

※スクロールできます。

Carte du monde Le A. Lecomte.
ロワールのイラスト
ポンポネットのイラスト
プチフールのイラスト
ジャマイカのイラスト
ナポレオンミルフィーユのイラスト
日本のイラスト
東京のイラスト
フルーツケーキのイラスト
スウリーのイラスト
スワンのイラスト
ベイクドチーズケーキのイラスト
パリジェンヌのイラスト
ロワールのイラスト

ロワール

1931年、アンドレ・ルコント氏が生まれたロワール地方は、パリの南に広がる広大な穀倉地帯で、かつての貴族の別荘やお城があり、おいしいワインや乳製品、果物や農産物が豊かな土地で「パリの食糧庫」といわれる所でした。
故郷のロワールの風土はルコント氏の一生の仕事に深く影響を与えました。
家の庭には、小さな畑と大きな杏の木があり、代表的なお菓子の中に、杏やいちご、その他の果物をたくさん使ったタルトが多いのも必然かもしれません。
ルコント氏の味覚は、この豊かなロワール川流域の恵まれた産物と、のどかな自然の中で健やかに培われていきました。

ポンポネットのイラスト

ポンポネット

ロワール地方の街・モンタルジーのマイスター マルセル・ルナンのもとでの4年間の修行の成果が実り、ケーキ、チョコレート、アイスクリーム作りの国家試験に合格。これを機にパリへ移り、シャンゼリゼのお店で仕事を始めます。時に1949年、18歳の若者でした。
フランスでは20歳になると、兵役があり、2年間の軍隊生活を送ることになります。
入隊したルコント氏は、菓子職人の腕を買われ、美味しいケーキを提供し、大変喜ばれたそうです。特に口の奢った将軍にはポンポネットのような凝ったケーキを、兵卒になると大量になるので、パンプディングのようなパンを加工したお菓子を作っていたそうです。
軍隊の限られた環境の中で、多くの人達に喜ばれたことが、改めて菓子作りの道を究める原動力となりました。

プチフールのイラスト

プチフール

1953年、兵役終了後、幸運にもパリの老舗ホテル ジョルジュ サンクに就職することができました。ホテル ジョルジュ サンクは現在は”Four Seasons Hotel GEORGE V”となり、世界屈指の最高級ホテルですが、当時もパリの名士が集まる名門中の名門でした。
その厨房でケーキ職人、料理人としての鍛錬を積みます。ホテル ジョルジュ サンクという一流のステージと一流のお客さまが、ルコント氏をその後「レジオン・ドヌール シュヴァリエ」にまで育て上げますが、この時当の本人は22歳。花のパリで順風満帆、我が世の春を謳歌していた夢多き一青年でした。
当時の写真には、髪をオールバック、しゃれたネクタイの男性が写っています。かすかに微笑んだその青年は幸せそのものでした。

ジャマイカのイラスト

ジャマイカ

1955年、ホテル ジョルジュ サンクから派遣され、西インド諸島のジャマイカに赴任。ホテル ラウンドヒルのシェフとして腕をふるいました。
ジャマイカの思い出は、ホテルでの料理やデザートだけではありません。
避暑に訪れるケネディー家の為にお菓子を作ったりと、こちらでも世界からの名だたるお客様に沢山のことを教わりました。ケネディー家は、特にルコント氏の作るクレーム・カラメルがお好きでした。
今でもルコントのお菓子に欠かせない、ラム酒との出会いも、ここジャマイカでのことでした。

ナポレオンミルフィーユのイラスト

ナポレオンミルフィーユ

ジャマイカからパリに戻り、ホテル ジョルジュ サンクで再び働いていた頃、イランの王室、パーレビ国王のもとで働かないかという話が持ち掛けられました。その話を受け、砂漠の国イランへ出発し、テヘランとアバダンで2年半の間過ごすことになりました。王様は特に彼ならではのレシピで作る、特別なクリームで表面をピンクとチョコレート色にグラッセした「ナポレオンミルフィーユ」を好まれました。
このお菓子は“ケーキの王様”と呼ばれていましたが、その名にふさわしいおいしさと気品があります。
ルコント氏はイランにいる間、いたる所へ旅行をし、砂漠、遺跡、砂嵐それに森や水をうつす蜃気楼など、菓子づくりのインスピレーションともなる、様々な体験をしました。
砂漠の生活にも慣れ、多くのイランの方々にフランス菓子を喜んでいただき、実に充実したすばらしい時期でした。

日本のイラスト

日本

パーレビ国王のお招きで訪れたイランでの夢のような2年半を終え、再びパリのホテル ジョルジュ サンクに戻りました。
シェフ・パティシエとして日々お菓子づくりに邁進していた頃、東京オリンピックの開催が決まり、オリンピックを見てみたい、というほんの軽い気持ちから、東京行きを引き受けました。 これがルコント氏と、日本との関係の始まりです。
東京オリンピック開催により、世界中からお見えになるVIPを迎えるためにオープンする「ホテルオークラ東京」のフランス菓子の技術指導者としてルコント氏は招聘されました。
ここでまたルコント氏のお菓子は、世界中からのお客様に知られる機会に恵まれます。そして、日本に初めて本格的なフランス菓子が伝えられたのもこの時です。

東京のイラスト

東京

オリンピックから4年後の1968年12月17日、東京・六本木にフランス菓子専門店「A.Lecomte」を開店しました。当時の六本木はアマンド、ニコラスや明治屋が出来た頃で、おしゃれな新しい街に変わりつつありました。
開店当時の思い出として、ケーキは出来たものの、箱や袋、包装紙の用意が整わず、「A.Lecomte」のスタンプを作り間に合わせた、というエピソードもあります。
多くのお客様にご利用いただける様になり、リキュールの効いた大人のお菓子として、女性のみならず、男性にもご好評をいただきました。その当時の日本ではなかなか手に入らない材料も多く、フランスに直接発注をし、揃えていたものもあったそうです。
こうして少しずつ、日本のお客様に「本場のフランス菓子」が親しまれるようになりました。

フルーツケーキのイラスト

フルーツケーキ

色とりどりのドライフルーツをたっぷり使い、芳醇なラム酒が香る、まるで宝石箱のような「フルーツケーキ」はルコントのスペシャリテです。
フルーツケーキのルーツは中世のイギリス。当時は特別な宴のために作られることが多かったといわれ、今でも欧州ではクリスマスやウェディングの日に焼く習慣があるそうです。
ルコントの「フルーツケーキ」は、イギリスのバッキンガム宮殿でパティシエを務めていたルコント氏の兄弟子より伝授された特別なレシピで作ったもの。
六本木の第1号店の開店創業時より大切にしてきたお菓子です。
チェリーやプラム、クランベリーなどのドライフルーツをラム酒にじっくり月日をかけて漬け込み、バターをたっぷり使用しています。
どこか懐かしくて、出会うたびに新しい発見がある、そんな「フルーツケーキ」は今もルコントの店頭を華やかにしてくれています。

スウリーのイラスト

“スウリー”

子ねずみの形をした「スウリー(和訳:ねずみ)」は、創作したケーキの中でも最もかわいいケーキのひとつです。 はじめはビスケットとバニラのバタークリームで作っていましたが、しっとりさせるために、ねずみの形をパタシューで作り、改善しました。それにバニラのクレームパティシエールと白と茶のフォンダングラッセで目や鼻やシッポを描いてこの「スウリー」が誕生したのです。
このお菓子は、大人向けのケーキが多い中、子供たちに食べてもらいたいという一心で作り、出来上がったものです。スウリーたちがお店のショーケースに並ぶといままでのお店の雰囲気が一変しました。菓子職人にとって、自分のショーケースを作り上げることは、大変嬉しいことであり、いつも他にはない、ルコントだけのショーケース作りを心がけていました。

スワンのイラスト

スワン

お店のウィンドウをのぞくと、ねずみの「スウリー」と並んでひときわ目をひくケーキがあります。白い衣装を羽からのぞかせた可愛いバレリーナのような白鳥の一群、「スワン」です。
シャンティクリームのシューだけではさみしいので、それを白鳥の形にしようと曲がったシューを作って付けたのがこの「スワン」の始まりです。その愛らしい姿から「スワン」は日本に広がっていきました。
子供たちが「スワン」を手にした時、お菓子が「おいしい」という嬉しさともう一つ、楽しい音楽を聞くような夢見心地な気分になって欲しいと、ルコント氏は願っていました。

ベイクドチーズケーキのイラスト

ベイクドチーズケーキ

六本木のお店をはじめて間もないころのルコント夫妻は、よく二人でマダム アン・ディンケンのユダヤ料理のお店“コーシャーレストラン”に食事に行きました。このお店のマダムが作るチーズケーキは、ルコント氏にとって日本一美味しいチーズケーキでした。マダム アン・ディンケンが故郷のニューヨークに帰ると決めた時、今までのお礼にと、チーズケーキの作り方を教えてくれました。その作り方は実に凝っていて、混ぜ方、焼き方、食べ方まですべてにおいてたくさんの秘密と工夫が隠されていました。そのレシピにさらに改良を加え、現在の「ベイクドチーズケーキ」が出来上がりました。マダム アン・ディンケンの作り方は手がかかり、決して効率的とは言えませんが、最高の美味しさを追求した、実に価値あるケーキの作り方だとルコント氏は感じました。
こうしてこの「日本一美味しいチーズケーキ」の秘伝はルコントが受け継ぎ、今もなお、多くのお客様にご愛顧いただいています。

パリジェンヌのイラスト

パリジェンヌ

ルコントのお店では、「シュー ア ラ クレーム」のことを「パリジェンヌ」と呼んでいます。このお菓子は、1968年に六本木のお店を開いた当時から人気のあるお菓子でした。もともとこのお菓子は、「シュープラリネ」という名前でしたが、ショーケースのお菓子の札がカタカナで読みにくかったのか、いつのまにか「パリジェンヌ」と名付けられ、そう呼ばれるようになりました。
このお菓子の美味しさの秘訣は、アーモンドを粉状に刻んでカラメル状にし、少し固めの皮を作るところにあります。中には軽く柔らかいクリームを、魂を吹き込むように入れてゆきます。
時代が変わっても、この「パリジェンヌ」はルコントのショーケースの主役の一つです。